• ホーム
  • アレグラを花粉症治療で使うときの服用方法って?

アレグラを花粉症治療で使うときの服用方法って?

マスクをかける女性

花粉症治療によく使用されるのはアレグラです。アレグラにはフェキソフェナジン塩酸塩が含まれており、フェキソフェナジン塩酸塩はスギやヒノキなどの花粉によるアレルギー性鼻炎やハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎、そして蕁麻疹などの皮膚炎とかゆみ、アトピー性皮膚炎に効果があります。

花粉症の場合、アレルギー症状として鼻水、くしゃみ、目のかゆみが出るのが大きな特徴で、ヒスタミンが分泌されることでアレルギー症状を引き起こしています。花粉などのアレルゲンは、体の中では不要と思われているものであるので、一生懸命不要物を排除しようとしており、その働きが過剰になってしまうので、さらにつらい症状を引き起こします。

処方薬で使われるアレグラは、皮膚のかゆみといったものも軽減することができるので、皮膚炎の治療としても使用されることがあるのですが、花粉症として治療をした場合も皮膚炎の時と同じ服用方法となっています。

フェキソフェナジン塩酸塩が含まれているアレグラは、眠気の副作用は少ないため就寝前の服用でなくても構わず、1日2回朝と夕方に服用するのが基本です。それほどアレルギーの症状がひどくない花粉症に向いており、フェキソフェナジン塩酸塩の副作用も少ないことから集中力も欠けることが少ないですし、喉の渇きといったものも起きにくくなっているのが特徴でもあります。症状が出てから服用をしても鼻水などのアレルギー症状を抑えることはできるのですが、アレグラの場合、花粉の飛散前から予防として服用するとさらに効果が継続します。

予防薬で服用する場合も、アレグラの服用方法は同じで1日2回飲みます。花粉症予防の効果が高いので、花粉の飛散前である2週間を目安に服用を開始し、飛散が落ち着くまで継続して使用していきます。使用する期間は長くなりますが、続けることでヒスタミンの作用を低下させるとともに炎症作用も低下することができるので、花粉の飛散がピークになっても症状が重くなることは少なくなります。

アレグラの副作用は腹痛やめまい、倦怠感や疲労感でまれに下痢やしびれ、月経異常ということが起こります。ですが、これらの副作用が出る頻度は低く、子供でも安心して使用することができる薬です。予防薬として子供でも使用することができるのですが、子供の場合、どのような副作用がでるのかわからない部分があり、しかもアナフィラキシーのような重篤な副作用が出る可能性もあります。予防の意味でアレグラを使用する場合は、市販薬で対応せずに医療機関で相談をしてからにすると、何かあったときに安心です。

花粉症の症状やその症状の重さは個人差があり、人によって効果が出やすい薬の種類も違います。第二世代抗ヒスタミン薬であれば、どの薬も予防薬として使うことができるので、自分に合ったものを見つけ、継続して服用するとよいでしょう。継続して使用することによってさらに効果を実感することができます。

関連記事
アレルギー治療薬で起こる「インペアード・パフォーマンス」とは? 2020年01月27日

アレルギー治療薬を服用した場合、なんとなく集中力や判断力に欠けて、作業能率が低下していると感じることがあります。スポーツを行っている場合は、いつも以上に体が動かない、記録が伸びないといったことも起こります。アレルギー治療薬には抗ヒスタミン薬が含まれていることが多く、抗ヒスタミン薬に眠気などの副作用が...

花粉症の薬は妊娠中でも服用していいの? 2019年12月21日

花粉症は一度なってしまうと次の年も同じ時期に症状が起きてきます。これは体の中の抗体が覚えているためであり、毎年同じような症状が出て、しかも花粉症が治ることは少ないです。ですが、花粉症の場合、花粉の飛散量によってもその時の体調やストレス具合によっても症状の重さは変わります。これは妊婦であっても同じで、...

抗ヒスタミン薬で「けいれん」を起こす子供も? 2019年11月11日

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンを抑える薬でありますが、ヒスタミンは中枢神経に作用するので、集中力や覚醒状態を維持し、摂食行動の抑制やストレスの調整、学習や記憶の部分の増強に関係しています。けいれん抑制作用もあり、そういった体のパフォーマンスを上げるのに重要な部分を担っていますが、花粉症にとってはヒスタ...

クラリチンは副作用が少ない治療薬です 2019年09月17日

第2世代抗ヒスタミン薬の中で、最も眠気が起きにくい薬にクラリチンがあります。第2世代抗ヒスタミン薬であるクラリチンはロラタジンが主成分で、副作用である眠気が少なく、ゆっくりと長く効いていくタイプの薬です。服用をしてから2時間ほどたつと効果が出始め、その後1時間かけてピークに達します。服用をしてから1...

効き目が早いアレルギー治療薬「ポララミン」って? 2019年10月17日

抗ヒスタミン薬には、第1世代抗ヒスタミン薬と第2世代抗ヒスタミン薬とがあります。第2世代抗ヒスタミン薬は抗コリン作用がなく、中枢神経抑制作用も軽減されているので副作用が出にくいのですが、第1世代抗ヒスタミン薬の場合は速やかに症状を止めることができる反面、抗コリン作用や中枢神経抑制作用が軽減されていな...