• ホーム
  • ジルテックは強い効果!でも副作用の眠気も強く出る?

ジルテックは強い効果!でも副作用の眠気も強く出る?

薬を飲む男性

第二世代抗ヒスタミン薬の中で、副作用も強いが効果の持続時間も長く、症状に対して速い効き目があるのがジルテックです。この薬は第二世代抗ヒスタミン薬の中でも最強と言われており、セチリジンが主成分となっています。

ジルテックに含まれているセチリジンは、強いアレルギー症状が出てしまった場合に使用すると効果があり、さらに花粉症の発作が起きてから服用しても、速い段階でアレルギーの症状を抑えることができます。強い作用があり、薬の持続時間も長いのですが、その分副作用は起きやすく眠気が特に起こりやすいです。そのためジルテックは就寝前に服用するようになっているのです。

ジルテックの場合、就寝中に最も薬の効果が高まるのですが、長い持続時間があるので朝に起こりやすいモーニングアタックをおさえるのに有効です。モーニングアタックというのは、朝の時間帯に特にアレルギー症状がひどくなる現象で、花粉症になっている人が多く感じていることでもあります。モーニングアタックが起こる原因は様々ですが、急激に体が活動をし始めること、気温差、活動をすることによってほこりや花粉が舞うなどの理由が考えられています。

ジルテックには錠剤のほかにドライシロップになっているものもあります。2歳以上から服用することができ、子供のアレルギー症状にも効果を示します。大人の場合、副作用として眠気や倦怠感、口の渇きや吐き気、浮動性のめまいといったことが起こりやすく、子供の場合は眠気を主におこします。ですが就寝前にきちんと服用することで、日中の眠気を軽減することができます。

セチリジンの特性として、服用してから40分と短い時間で効果が現れ始め、その後6時間から7時間ほど強い作用を維持することができます。眠気はその時間帯に最も起きやすいので、何時に服用をしたかということが日中の眠気の程度と関係してきます。24時間持続していくのですが、最も効果があるのが、服用してから7時間であるので、眠気が気になる場合は薬の服用時間を若干早めても良いでしょう。

なお、セチリジンが主成分のジルテックを服用している場合は、車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業は注意が必要になります。注意力が散漫になってしまうことがあるので、このほかの作業を行う時も注意してください。小さな子供が服用する場合も眠気が起きていないかを確認し、必要があれば担任の先生にジルテックを服用していることを伝えても良いでしょう。

花粉症の場合、アレルギーの症状が出る前からある程度抑えることが大切なのですが、ジルテックは薬の吸収性にも優れており、すでに起きてしまっているアレルギー症状を軽減することができます。人によっても効果の現れ方は違いますが、鼻づまりがひどい、鼻水が止まらないといった場合はジルテックの服用を検討するようにします。眠気の心配もありますが、そのような時は就寝前の服用時間を少し早めてみます。

関連記事
抗ヒスタミン薬で「けいれん」を起こす子供も? 2019年11月11日

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンを抑える薬でありますが、ヒスタミンは中枢神経に作用するので、集中力や覚醒状態を維持し、摂食行動の抑制やストレスの調整、学習や記憶の部分の増強に関係しています。けいれん抑制作用もあり、そういった体のパフォーマンスを上げるのに重要な部分を担っていますが、花粉症にとってはヒスタ...

クラリチンは副作用が少ない治療薬です 2019年09月17日

第2世代抗ヒスタミン薬の中で、最も眠気が起きにくい薬にクラリチンがあります。第2世代抗ヒスタミン薬であるクラリチンはロラタジンが主成分で、副作用である眠気が少なく、ゆっくりと長く効いていくタイプの薬です。服用をしてから2時間ほどたつと効果が出始め、その後1時間かけてピークに達します。服用をしてから1...

効き目が早いアレルギー治療薬「ポララミン」って? 2019年10月17日

抗ヒスタミン薬には、第1世代抗ヒスタミン薬と第2世代抗ヒスタミン薬とがあります。第2世代抗ヒスタミン薬は抗コリン作用がなく、中枢神経抑制作用も軽減されているので副作用が出にくいのですが、第1世代抗ヒスタミン薬の場合は速やかに症状を止めることができる反面、抗コリン作用や中枢神経抑制作用が軽減されていな...

効果抜群なアレロックはジェネリックがお得 2019年10月02日

アレロックは第2世代抗ヒスタミン薬の中でもジルテックと同じように、比較的強い効果がある薬剤です。オロパタジン塩酸塩が主成分であり、淡い黄色をしており、錠剤のほかに顆粒状になったものがあります。オロパタジン塩酸塩はアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚の湿疹に伴うかゆみなどに効果がある薬で、花粉症によるアレル...

アレグラを花粉症治療で使うときの服用方法って? 2019年08月11日

花粉症治療によく使用されるのはアレグラです。アレグラにはフェキソフェナジン塩酸塩が含まれており、フェキソフェナジン塩酸塩はスギやヒノキなどの花粉によるアレルギー性鼻炎やハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎、そして蕁麻疹などの皮膚炎とかゆみ、アトピー性皮膚炎に効果があります。花粉症の場合、アレルギ...