• ホーム
  • 花粉症の薬は妊娠中でも服用していいの?

花粉症の薬は妊娠中でも服用していいの?

花粉症は一度なってしまうと次の年も同じ時期に症状が起きてきます。これは体の中の抗体が覚えているためであり、毎年同じような症状が出て、しかも花粉症が治ることは少ないです。ですが、花粉症の場合、花粉の飛散量によってもその時の体調やストレス具合によっても症状の重さは変わります。これは妊婦であっても同じで、花粉症の症状がいつものように出てくるのですが、お腹に赤ちゃんがいない時と比べると症状が重くなっていることが多いです。

妊娠すると症状が重くなるのは免疫が関係しており、妊娠によって免疫が亢進し鼻水やくしゃみ、目のかゆみがひどくなるのです。そのため医薬品を服用したいと考えますが、妊娠中や授乳中の場合、慎重に使用しなくてはなりません。特にお腹の赤ちゃんにとって大切な器官が作られる妊娠4か月半までは基本的に服用しないほうが良いのです。

妊娠する前から同じ成分の薬を長い期間服用していた場合、妊娠5か月ぐらいになると服用する場合もあります。ですがこの場合も自己判断は危険で、必ず病院にいき医師と相談をしながら服用していくことが大切です。花粉症の薬である抗ヒスタミン薬は、すべて妊娠中の服用に関して安全性が確認されていないからで、中期になっても安全性は確認されていないので、服用は慎重にならなくてはなりません。安易に自己判断で医薬品を使用しないようにしてください。

妊娠中に使用できる薬として点鼻薬や点眼薬があります。これらの薬は服用する内服薬ではないので、体に影響は少ないです。とはいえ初期の段階は安易な薬の使用は危険です。花粉症の薬である抗ヒスタミン薬には、副作用の少ない成分のものもありますが、基本的に薬は服用しないほうがよいので、どうしてもひどい症状の場合は、病院にて医師と相談をし、どのような治療を行っていくか一緒に考えると良いでしょう。

お腹に赤ちゃんがいるときは、不要に外出をしないということや特に花粉が多く飛散する午後の1時から5時までは外出をしない、ということを心がけます。マスクや眼鏡で花粉を防いでも良いでしょう。洗顔やうがいをこまめに行う、家の中に入る前に花粉をしっかりと取り除くということも行っていきます。衣服をポリエステル繊維のものにするだけでもさっと払うことができますし、寝具もつるつるとした素材のものは掃除機も簡単にかけることができるので、花粉を取り除くのに最適です。

食生活においても乳酸菌やポリフェノール、青魚といったものを食べるようにします。これらの食べ物は抗アレルギー作用があるので、花粉症を和らげることができるからです。乳酸菌が含まれているヨーグルトは腸内の環境も整えてくれるので、便秘がちになる妊娠中は優しい食べ物になるので、毎日継続して食べてみると良いでしょう。逆に香辛料は鼻の中にある毛細血管を広げてしまうので鼻づまりがひどくなってしまいます。刺激のある食べ物は避けるようにすると鼻づまりも解消されていきます。

関連記事
抗ヒスタミン薬で「けいれん」を起こす子供も? 2019年11月11日

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンを抑える薬でありますが、ヒスタミンは中枢神経に作用するので、集中力や覚醒状態を維持し、摂食行動の抑制やストレスの調整、学習や記憶の部分の増強に関係しています。けいれん抑制作用もあり、そういった体のパフォーマンスを上げるのに重要な部分を担っていますが、花粉症にとってはヒスタ...

クラリチンは副作用が少ない治療薬です 2019年09月17日

第2世代抗ヒスタミン薬の中で、最も眠気が起きにくい薬にクラリチンがあります。第2世代抗ヒスタミン薬であるクラリチンはロラタジンが主成分で、副作用である眠気が少なく、ゆっくりと長く効いていくタイプの薬です。服用をしてから2時間ほどたつと効果が出始め、その後1時間かけてピークに達します。服用をしてから1...

効き目が早いアレルギー治療薬「ポララミン」って? 2019年10月17日

抗ヒスタミン薬には、第1世代抗ヒスタミン薬と第2世代抗ヒスタミン薬とがあります。第2世代抗ヒスタミン薬は抗コリン作用がなく、中枢神経抑制作用も軽減されているので副作用が出にくいのですが、第1世代抗ヒスタミン薬の場合は速やかに症状を止めることができる反面、抗コリン作用や中枢神経抑制作用が軽減されていな...

効果抜群なアレロックはジェネリックがお得 2019年10月02日

アレロックは第2世代抗ヒスタミン薬の中でもジルテックと同じように、比較的強い効果がある薬剤です。オロパタジン塩酸塩が主成分であり、淡い黄色をしており、錠剤のほかに顆粒状になったものがあります。オロパタジン塩酸塩はアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚の湿疹に伴うかゆみなどに効果がある薬で、花粉症によるアレル...

ジルテックは強い効果!でも副作用の眠気も強く出る? 2019年08月30日

第二世代抗ヒスタミン薬の中で、副作用も強いが効果の持続時間も長く、症状に対して速い効き目があるのがジルテックです。この薬は第二世代抗ヒスタミン薬の中でも最強と言われており、セチリジンが主成分となっています。ジルテックに含まれているセチリジンは、強いアレルギー症状が出てしまった場合に使用すると効果があ...