薬と水のグラスを持っている男性

花粉症の症状を緩和するために用いられるのが抗ヒスタミン薬です。抗ヒスタミン薬にはいろいろなものがありますが、アレルギー症状の緩和を速やかに行い、なおかつ副作用が出にくいものにザイザルがあります。

ザイザルはレボセチリジン塩酸塩が成分の白い錠剤で、処方薬には錠剤の他にドライシロップもあります。ザイザルの効果は、アレルギーによる鼻炎や蕁麻疹、皮膚炎や湿疹、咳の改善といったものがあり、アレルギー性鼻炎の症状に使用されることが多いです。すでに出てしまっている花粉症の症状などを改善していく力もあるのですが、予防役として使用されることもあります。

ザイザルの主成分であるレボセチリジン塩酸塩は、ヒスタミンがH1受容体と結合するのを阻害する効果と、ヒスタミンなどのケミカルメディエーターが遊離されるのを防ぐ効果があります。かゆみや鼻水が出るのはヒスタミンなどの化学物質が作用して起こっているので、結合を阻害したり、遊離したりするのを防ぐことができ、この2つの効果によって、アレルギー症状を抑え、鼻炎などを緩和していくことができるのです。

ザイザルは抗ヒスタミン薬の中でもアレルギー症状に対する効果と副作用のバランスが良い薬になっています。通常薬の場合、効き目が強いと副作用も強く出るという比例状態が起こります。ザイザルはちょうどその中央部分にあり、効き目もそれなりにあるが、眠気などの副作用も起こることがあるといったものになっています。そのため就寝前に服用することが基本で、日常生活においては、車を運転しない、危険を伴う機械の操作を行わないということが大切になってきますし、薬の添付文書にも記されています。

レボセチリジン塩酸塩は服用をすると1時間で効き始め、その後7時間は特に効き目が強く出てきます。ですので、この時間帯を日中の活動時間に充ててしまうと、眠気を強く感じることがあり、集中力もかけてしまうことも多いです。服用が就寝前となっているのは、効き目が強く出ている間に睡眠をとることで日中に眠気を生じさせないためであるのと同時に、睡眠もしっかりとって、免疫力を上げるといった意味あいがあります。

ザイザルの主な副作用は眠気と倦怠感、口の乾きといったことがあげられます。これらの副作用は頻度は低いのですが、まったく無いわけではありません。日中に眠気が起きないよう、対処法として薬の服用時間を早めるということが必要になりますし、急激な眠気が来て判断力が鈍らないよう車を運転しないといった大切です。

このほかの眠気の対処法としては、飲酒をしないということが大切です。ザイザルの場合、アルコールの摂取が相互作用を引き起こし、より一層眠気が生じてしまうことがあります。眠気をおさめようとカフェイン類を取ったとしても、効果はなく逆に胃を痛めてしまい、花粉症とは違った症状で悩むケースもあります。ですから、薬を服用している間は飲み物に注意してください。

花粉症の症状を抑えるには、抗ヒスタミン薬の服用が必要となります。ヒスタミンは脳の覚醒と関係があるので、それを抑えるということはどうしても眠気が出てきてしまいますが、薬の服用時間を変更する、食べ物に注意をするといった配慮をするだけで副作用を軽減することができます。ザイザルは眠いと感じることがあるのですが、日中に響かないようにするには、服用を停止するのではなく、時間を少しだけずらして飲むという方法をとります。逆算して考え、もし朝の6時頃に起きるのであれば、夜の11時には服薬を済ませていると良いでしょう。あまりにも早くに飲んでしまうと、朝に辛い症状がでる、モーニングアタックと呼ばれるものを防ぐことができなくなるので注意しましょう。

記事一覧
クラリチンは副作用が少ない治療薬です 2019年09月17日

第2世代抗ヒスタミン薬の中で、最も眠気が起きにくい薬にクラリチンがあります。第2世代抗ヒスタミン薬であるクラリチンはロラタジンが主成分で、副作用である眠気が少なく、ゆっくりと長く効いていくタイプの薬です。服用をしてから2時間ほどたつと効果が出始め、その後1時間かけてピークに達します。服用をしてから1...

ジルテックは強い効果!でも副作用の眠気も強く出る? 2019年08月30日

第二世代抗ヒスタミン薬の中で、副作用も強いが効果の持続時間も長く、症状に対して速い効き目があるのがジルテックです。この薬は第二世代抗ヒスタミン薬の中でも最強と言われており、セチリジンが主成分となっています。ジルテックに含まれているセチリジンは、強いアレルギー症状が出てしまった場合に使用すると効果があ...

アレグラを花粉症治療で使うときの服用方法って? 2019年08月11日

花粉症治療によく使用されるのはアレグラです。アレグラにはフェキソフェナジン塩酸塩が含まれており、フェキソフェナジン塩酸塩はスギやヒノキなどの花粉によるアレルギー性鼻炎やハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎、そして蕁麻疹などの皮膚炎とかゆみ、アトピー性皮膚炎に効果があります。花粉症の場合、アレルギ...

ザイザルの副作用で太るといわれているのはなぜ? 2019年07月27日

ザイザルは花粉症に対しての効き目が良く、アレルギー反応が起こる際に放出されるヒスタミンをおさえる力があります。このヒスタミンは脳の覚醒作用をするほか、食欲増進にも関係があり、抗ヒスタミン薬を服用することで、分泌がおさえられ、食欲が増してしまい、体重増加傾向が出てきてしまいます。抗ヒスタミン薬は、ヒス...